SHIKIMEI REVIEW

荒木経惟「写狂老人A」ARAKI Nobuyoshi Photo-Crazy A

東京オペラシティ アートギャラリー

天才アラーキー。と書くだけで、もはや説明もいらないほど人それぞれの記憶の中で好きな写真やシリーズが本人像と共に思い浮かぶであろう、当代きっての人気写真家・荒木経惟氏。本展覧会は、2017年に77歳を迎えた荒木氏がこの展覧会に向けて制作した最新作や原点ともいえる60年代に制作したスクラップブックなど1000点を超える作品が壮大なスケールで展観されています。タイトルの「写狂老人A」は、生涯を通じて精力的に制作をつづけた葛飾北斎が70代半ばで「画狂老人卍」と号したことになぞらえたもので、会場入口では荒木氏が筆で書いたタイトルが来場者を出迎えます。写真を観る前から力強い筆づかいに圧倒されると同時に見ればみるほど味わいのある書にアラーキーの天賦の才は写真だけでないことが感じられます。

展示は高い天井に映えるド迫力の大型写真「大光画」からスタートします。「女ってすげーな!」なんて荒木氏の声が聴こえてきそうな「性 < 生」が漲る人妻たちの堂々たる裸体から、うってかわって淡々と繊細なカメラワークが鑑賞者の果てしない想像を誘う「空百景」「花百景」へ。モノクロであるがゆえにありのままの様、とりわけ3次元としてのカタチが、くっきりと趣深く2次元の写真の魅力として伝わってきます。つづいて、77歳の喜寿をお祝いするかのようにラッキー7が並ぶ「写狂老人A日記2017.7.7」。実は全て展覧会開催前に撮りためていたもので、荒木氏にとって大切な日に固定されています。7月7日は亡き妻・陽子さんとの結婚記念日です。約700点近くある膨大な写真は荒木氏の日常=人生であり、1冊の写真集が完成しそうな勢いです。そして本展唯一の“最初期”の作品が登場。氏がまだ電通で働いていた60年代にプリントからレイアウトまで全て自主制作したスクラップブック「八百屋のおじさん」の第1巻で、現物はもちろん、レプリカの冊子とスライド映像で全頁鑑賞できます。銀座の路地で青果商を営む生き生きとした姿が昭和の風情とともに写しとられ、市井の人を見つめる視線と技量に本展1番の感銘を受けました。このような冊子を当時100冊以上制作したというから驚きです。他にも、“写真のようで写真に非ず”という氏のデジタルカメラに対する検証ともいえる「非日記」や、氏が刹那的な魅力を感じ好んで使うポラロイドのアーカイヴ映像による「ポラノグラフィー」、フルカラーで艶やかさを極めた「遊園の女」、ハサミで切った写真どうしをコラージュした「切実」と、見応えのある作品をわかりやすい構成で堪能することができます。

—— 写真っていうのは、真実じゃなくて切実。切ない真実なんだよ。荒木経惟

この大きな空間には、大切な人々や愛猫との別れ、近年自身の前立腺がんや右目失明をものり越えて、「毎日」写真を撮りつづける写狂老人Aこと荒木経惟氏の「切実」な人生が満ちています。そうして、さいごにこれまで出版された500冊を超える写真集の年表の長さに、惜しみなく写真に注ぎ続ける膨大な生きるエネルギーを感じ「アラーキーは1日にしてならず」と思ったのでした。なお、東京都写真美術館で開催される『荒木経惟 センチメンタルな旅 1971−2017−』で本展のチケットを提示すると団体料金で入場できます。アラーキーイヤーともいえるこの機に、ふたつの展覧会を見比べてみるのも一興です。

会期:2017年7月8日(土)– 9月3日(日)
時間:11:00 – 19:00
(金曜、土曜〜20:00)※最終入場は閉館30分前まで
休廊日:月曜(祝日の場合翌火曜日)8月6日
料金:一般1,200円 大高生800円
※中学生以下無料、障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料
http://www.operacity.jp/ag/exh199

ART

INTERVIEW

BOOK