SHIKIMEI REVIEW
ヴィックムニーズ「Handmade」
“Bootleg Cut (4 cuts)” Handmade, 2017, One of a kind, 101.6 x 76.2 cm, Mixed media
©Vik Muniz – Courtesy of nca | nichido contemporary art
ヴィックムニーズ「Handmade」
“Tears 3 (Horizontal)” Handmade, 2017, One of a kind, 160 x 109 cm, Mixed media
©Vik Muniz – Courtesy of nca | nichido contemporary art
ヴィックムニーズ「Handmade」
“The Burano Suit (Pink)” Handmade, 2017, One of a kind, 101.6 x 81 cm, Mixed media
©Vik Muniz – Courtesy of nca | nichido contemporary art

ヴィックムニーズ「Handmade」

nichido contemporary art

1961年ブラジル・サンパウロ生まれのヴィック・ムーニーズさんは、1990年代初頭から針金、砂糖、ダイヤモンド、チョコレート、色紙などのさまざまな素材をもちいて、歴史的な報道写真や美術史上の名作を再現したものを写真で発表しているアーティストです。本展は、銀座5丁目で営まれる「日動画廊本店」の90周年を記念して、本店と2カ所で同時開催されている氏の個展の1つとなります。

八丁堀に10年前に開設された日動コンテンポラリーアートでは、「写真」の次のステップを模索した最新作が勢揃い。鑑賞者に新たな認識や楽しみをユーモアたっぷりに提示しています。例えば、1940年代後半にキャンバスを切り裂き美の空間概念を問いたルーチョ・フォンタナの作品へのオマージュとして、写真家らしい切り口で“切り裂かない”フラットなマチエールをそっと含ませた作品や、ダミアン・ハーストによる蝶モチーフの作品からインスパイアされたように思われる風が吹くと飛びそうな繊細な作品、ブラジルで人気のジオメトリックアートを氏的にアレンジしたカラフルな作品なども登場。これらの写真と素材の組み合わせによる斬新な表現作品は、すべて「ハンドメイド」の1点もの。ぜひ至近距離での鑑賞をお薦めします。

会期:2017年9月14日 (木) – 11月4日 (土)
会場:日動コンテンポラリーアート
住所:中央区八丁堀4-3-3 B1
時間:11:00~19:00(日・月・祝日休館)
電話:03-3555-2140
http://www.nca-g.com

ART

INTERVIEW

BOOK